最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年4月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最期を考える

電話中の会社員

老前整理や終活がブームを巻き起こしています。
亡くなる前に自分の身の回りを整理することで、亡くなったあとも安心出来ます。

■整理する
老前整理をするシニアの方が増えてきました。身の回りのものを整理して現金化する方法もあります。
手元に入ってきた現金を使用して遺産の足しにする、旅行をするなどして、自分の好きなように使用することが出来ます。
老前整理をすることで、早いうちから身の回りを整えることが出来ます。歳を重ねると私物が増えてきて遺族が私物の整理に苦労します。
遺品整理と言い、遺族と遺品整理士が遺品を整理する手もありますが、遺品整理だと自分が残したかったものまで処分される恐れがあります。
老前整理だと自分の判断で処分することが出来るので、後悔をすることはありません。

■相談をする
人は亡くなると遺産相続などで揉めることがあります。
相続は今問題となっています。遺書などがないと遺族同士が揉めることがあるので、相続についてしっかりと考える必要があります。
相続診断士に相談をすることで、残されて遺族も快適に過ごすことが出来ます。
手続き方法などを教えてくれるので、不安を解消出来ます。

■理想の人生の為に
近年終活と言う言葉を良く聞きます。終活では棺桶の中はどういった雰囲気なのか知ることが出来ます。
棺桶に入ることに最初は抵抗がある方もいますが、実際に入ってみると落ち着くという方も多いです。
また、エンディングノートがあり自分が亡くなったあとのことなどを書くことが出来ます。
急に亡くなった場合でもエンディングノートを書いておけば、理想の葬式を遺族がすることが出来ます。
遺言や思い出、不動産、供養方法、介護についてなどなんでも書くことが出来ます。
自分の理想を遺族に伝えることが出来るので、エンディングノートを書く方も増えています。
自分の人生は自分の理想で終わらしたいです。エンディングノートを書くことで後悔のない人生にすることが出来ます。

オススメリンク

相続税に関する相談をするなら川越にある│赤羽税務会計事務所

亡くなる前に備える老前整理サービスなら@老前・生前整理110番

セミナーに参加する

老前整理や終活は専門業者に頼って行うことが出来ます。
専門なので老前整理や終活、相続について詳しいです。遺族には相談出来ないことも専門業者になら気兼ねなく相談することが出来ます。
老前整理の方法を学ぶことが出来るので、...Read more

関連リンク